2009年01月21日

派手な留袖を地味にしました。

今回は、留袖を仕立上りのままで、地味にしました。
「工程」
・・全体に汚れを点検し、必要な洗いをしました。
・・解くことはしないで、仕立上りの状態で加工しました。
・・柄の中の朱色が赤く派手に見えるので、その部分に金彩加工を施し、全体に地味にしました。


tomesode

  加工前・・朱色が赤く派手な状態』
 

tomesode-jimi

  加工後・・朱色に金彩をして地味になりました』


今回の加工の特徴は、仕立上りのまま、着物を解く事なく、派手な色を地味に変えて、全体に地味なお着物にすることです。



posted by 日本伝統産業染織工芸協会 at 15:16| 情報
お問合せ・ご質問は、info@kimono-kyoto.biz まで。